波島陽子日本舞踊教室 家元紹介

波島陽子

スライドショー映像はこちら

波島陽子公演申込みはこちら

家元 波島陽子 (なみしまようこ)

出身地 秋田県湯沢市
昭和61年 浅香光代師に弟子入り、三越「野川由美子公演」が初舞台。以降演劇・日本舞踊を学び女優として活躍。日本舞踊を極めるため花柳流西川流にも学び、芸域を広げながら全国各地アジア諸国等で劇場公演に出演。
出演劇場 新宿コマ劇場他都内大劇場。名古屋御園座・中日劇場・名鉄ホール・大阪新歌舞伎座・梅田コマ劇場他全国各大劇場舟木一夫、小林幸子、千昌夫、島倉千代子、西城秀樹他特別公演に出演。この経験が現在新舞踊愛好者に振付け指導者として絶大なる評判を得る。
平成16年 浅香光代事務所退社 その後4年間芸能活動を休み、日本舞踊の研究と稽古に専念。
平成19年 株式会社ポラリス設立  芸名を森陽子から「波島陽子」に改名。同時に波島流創流。
日本舞踊門弟に稽古開始(浅草稽古場開設)
日本舞踊研究家始動
平成20年 公演活動開始
公式ホームページ開設
振付ビデオ制作全国販売開始
平成21年 芸能生活23周年企画 大河ドラマ「天地人」の舞踊曲CD「愛のすべて」「春を待つ花」制作
台東区中学生海外派遣生に日舞指導
平成22年 波島陽子日本舞踊教室開設(専用稽古場)
着物教室開設(毎週水曜日)
台東区中学生海外派遣生に日舞指導
平成23年 浅草稽古場開設記念
第一回「波扇会」芸能生活25周年
台東区中学生海外派遣生に日舞指導
平成24年 英国BBC国営テレビ収録
TBS番組収録 フジテレビ番組出演
マレーシア国営テレビ・民放収録
台東区中学生海外派遣生に日舞指導
平成25年 インド公演 渡印(1/9~13)
フランス国営テレビ 波島特別出演
台東区中学生海外派遣生に日舞指導
平成26年 第二回波扇会「光春譜」
(渋谷区伝承ホールにて公演)
波島教室生徒数70名突破
振付作品愛好者100名突破
テレビ東京番組収録
台東区中学生海外派遣生に日舞指導
平成27年 台東区中学生海外派遣生に日舞指導
台湾雑誌「WAttention」に教室紹介
アミューズミュージアム 於 自主公演
平成28年 浅草凌雲閣記念式典 出席
台東区中学生海外派遣生に日舞指導
つくばエキスプレス開業10周年記念
ディナーショー出演(波島陽子社中)浅草ビューホテル
芸能生活30周年記念公演 10月30日(日)
浅草公会堂 於
ドイツ:特別出演(ボランティア)
平成29年 都内ホテル:ディナーショー
日本テレビ「笑ってこらえて」
台東区中学生海外派遣生に日舞指導
老人福祉施設ボランティア出演
ドイツ公演 7月
箱根・熱海公演

現在は

・日本舞踊(新舞踊)を浅草を拠点に指導(各地への出張稽古も実施中)
・大手旅行会社 体験企画「浅草を着物で歩こう」「日本舞踊」監修指導
・NHK文化センター新舞踊教室講師(元)
・NPO法人日本文化体験交流塾講師 ・i-media 会員

また日本舞踊家・研究家として活躍する傍ら、新舞踊(歌謡曲)・新民踊他を全国の日本舞踊愛好者等に振付を数多く手掛け、その指導が好評で多くのご要望の中「振付ビデオ」を制作し全国販売に至る。平成20年6月より大手旅行会社の外国人観光客を対象とした体験企画「浅草を着物で歩こう」「日本舞踊体験」を制作監修。
また舞台では有名アーティストとのコラボレーション、そして波島陽子の世界と銘打った豪華な作品を制作。 各有名ホテルでのディナーショーにも出演ししぐさの素晴らしさを舞いで披露しております。
将来を担う子供たちや若者にも力を注ぎ学校訪問等でその普及活動で活躍中。
更に女優業も再開し舞台や映像での活躍を待っているファンの皆様の期待に応えるために意欲を燃やしています。

波島の理念

日本の心をお伝えしたい

日本舞踊教室もし日本の文化や伝統はと聞かれたら私は声を大にして「しぐさ」ですとお答えしたい。
これは日本を外から観たときに痛切に感じるはずです。
日本の大切な言葉の意味が浅くなっている昨今、日本的な感覚を取り戻すために「しぐさ」を美しく仕上げてみたいと考えています。
日本にはしぐさの中に「こなし」を見ることができます。身のこなし等々が分かりやすい事例ではないでしょうか。
「こなし」、これは響く感情を知ってもらう、響く感情に気づいてもらうというように大切な要素です。世代を超えてどんな世代の人が来ても喜んでもらえる美はそんな小さなところに隠れているように思えます。
日本人の忘れもの「しぐさ」をより美しく更に美しく表現し体験できるのが日本舞踊です。
日本舞踊が持っている本来の「粋」の在り方、「言葉の美」「しぐさの美」をおしゃれに伝えて参りたいと思っております。
すなわち、遅かったねと言われないうちに忘れがちな「心」と「しぐさ」を踊る楽しさを感情豊かにお伝えして参りたいと思うからです。
そこに「おもてなしの心」を学べるのではないでしょうか。

日本舞踊

私が芝居を演ずるとき欠かせなかったのがやはり日本舞踊でした。
日本舞踊とはとあえて定義づけようとすれば固苦しいものになりがちですが、つまりそれが日本の舞踊です。
神楽や伝承民族芸能、また盆おどりや民謡のようなものでなく、舞台の上で上演することを目的とした舞台芸術がそれです。
古典も勿論のことですが今では全国各地で多くの愛好者がいる新舞踊(歌謡曲)も立派な日本舞踊でしょう。伝統芸能でもある「舞楽」「能楽」の要素は勿論、そこには様々な日本民族芸能の真髄とも言えるものが多く含まれており着物文化とマッチングした舞いがすなわち日本舞踊ではないでしょうか。
しぐさやふるまいは日本舞踊で会得できるものが多く、その美しさがそのまま集大成となっています。
日本独自の着物文化に新しい創造を目指す創作舞踊など多くの顔がそこにあるようです。

The dance of Japan is graceful and is beautiful.

Beautiful culture of Japan transmitted in old times. It will not be an exaggeration to say that the starting point is a dance of Japan.
The dance that unites with a peculiar Kimono culture to Japan heals a lot of minds of people graceful and beautifully.

活動内容

・日本舞踊の指導 ・小中学校での体験教室 ・日本舞踊普及活動
・日本舞踊全国公演 ・結婚式披露宴寿舞い ・市町村各記念行事
・舞台演出及び監修 ・各界アーティストとのコラボレーション
・波島陽子特別ディナーショー ・美容と健康に舞いペース教室
・外国人観光客向け体験企画 (浅草を着物であるこう・日本舞踊)
・振付ビデオ制作販売・着付け教室他