波島陽子日本舞踊教室 異業種交流

多方面の業種の皆さんと出会うことでとても多くの学びを頂いています。
沢山のご意見で外から日本舞踊を覗いてみることは今を知る機会としてもっとも大切で有意義なものになっております。
日本舞踊発展のために少しですが「なるほど」と思える本物の日本舞踊を見つけられそうで楽しみです。

「粋」と「意気」を踊り分けるひと・波島陽子さん  文 加藤和郎氏

屋形船の赤い火影が揺れる隅田川に、揃い浴衣の影をふたつ並べたこともありました。
でも今は、爪弾く音を流れに乗せるばかりです。江戸情緒豊かな『風流水景色』を踊る波島陽子さんは、手の表情が細やかでしかも大きく伸びやかなのに見ほれます。
もともと日本の舞踊は、「おすべり」や「おひねり」などの下半身の安定した動作の上で上半身の細やかな身振りが役どころの行為や心の動き、さらには風の動きや月のありようまでをも所作の中に反映しています。
隅田の川風に恋心が微妙に揺れる様子は、わずかに指先と目線の行方で暗示し、そこに、私たちは江戸の粋を懐かしく読み取るのです。
新舞踊は歌謡曲を身体動作で翻訳すると言ってもいいのではないかと私は思っています。
しかし、言葉を直截(ストレート)に動作変換すると、それは踊るジェスチャーでしかありません。露わな動きをそぎ落としていって、わずかに残った微妙な動きを強調した時に「粋」が生まれます。かといって、粋だけでは歌謡の物語性を踊りで表現するわけにはいきません。波島さんの真骨頂は、日本美としての粋と、現代に通じる物語性としての所作を程よく塩梅したところにあります。それは、演劇の分野で女剣劇の全盛時代を築いた浅香光代の舞台で役者をこなした経験が身に沁みついているからではないでしょうか。その証拠に、彼女の『女鬼龍院』を一度ごらんになってください。義理の縦縞男帯、女らしさに粋な啖呵の、泣く子も黙る鬼龍院を、男足と女足をさしかえつつ、「粋」と「意気」とをたくみに表現仕分けて、一曲の踊りに一幕の芝居をみるような満足感を抱かせてくれます。


加藤和郎(かとうかずろう)氏プロフィール


・名古屋大学メディア造形学部教授
・モンゴル国カラコルム大学客員教授:名誉博士
・NHK文化センター「映像塾」主宰
・ミス日本コンテスト事務局スーパーバイザー(本部審査員)
・能楽金春流シテ方桜間会顧問
・JAAミュージカルアカデミースーパーバイザー
・実践美学フォーラム幹事
・元NHKチーフプロデューサー


1943年生まれ。 65年からNHK長野局でTVニュース取材。 「あさま山荘事件」(72年)を10日間のニュース映像と強行救出の10時間生中継で構成した「軽井沢の連合赤軍」はカンヌ国際ルポルタージュコンクール審査員特別賞を受賞。77年から「ニュースワイド」「ゆく年くる年」などを総合演出。 NHK衛星第一副編集長、衛星放送局編成チーフプロデューサーとして活躍
94年に(株)NHK情報ネットワーク企画事業部担当部長を経て現在に至る。

I-Media情報バザール  StyleFM「言葉の美容室」

日印の架け橋

成田空港で私にとっての日印の懸け橋となりました。
2012年の暮、インド グジャラート州で行われるGlobal Trade Showに日本の伝統芸能をという要請をインド政府より受けて、
4~5団体の中から私共を選んでくださいました。
インドの心を大切にするマルカスさんの心とのコラボレーションと言ってもいいでしょう。
この公演が大成功で終えたのも全てマルカスさんと同社のスタッフ田澤さんのおかげでした。


マルカス氏プロフィール

Markus

デリー生まれ。国立デリー大学在学中、日本大使館情報センターにて3年間日本語を学び、首席で卒業。
1977年、国際交流基金の招待で来日。同年インド最大手旅行会社に入社。
1991年、アサヒトラベルサービス開業。
1998年、東京事務所代表として現在に至る。
また同年、立川談志流に入門。「立川談デリー」として立川談志と漫才コンビを組む。


特定非営利法人世界遺産アカデミー正会員。「世界遺産・旅の雑学サロン」専任講師。 2010年、株式会社グローバルトレードリソーセス(http://www.g-t-r.jp)設立。 日印ビジネスアドバイザーとして、講演活動やビジネスマッチングも行っている。

交流会会場で・・・